2010年09月05日 15:30

誰得!?CDレビューその2

カテゴリ:音楽
何度も何度も繰り返して聴いたCDってありますか!?
私の音楽の趣味は何を言ってもメロディがいいかどうか。
そこが良ければひたすら聴き倒してしまいますピース
というわけで、今日はそんなCD達をご紹介!


IN FLAMES 「Whoracle」(1997年)



スウェーデン出身のメロディックデスメタルバンドの帝王ドクロ
このアルバムで聴かれるメロディの持つ叙情性は半端ない。

私は元々、デスメタルというジャンルを毛嫌いしていましたびっくり
しかしこのアルバムを聴き、その音楽性とデス声に慣れて
気づけばデス声でカラオケを歌うほどまでにさせてしまった罪深き一枚ええと(汗)

IN FLAMES - Jotun


In Flames - Gyroscope



さてさて、次は

賈鵬芳(ジャー・パンファン) 「二胡 erhu」(2002年)



二胡の代表的演奏家、ジャー・パンファンの一枚目のベストアルバム。
目を閉じれば中国の大自然が瞼の裏に浮かんでくる・・・といったアルバムですにゃん
(中国に行ったこと無いけど)

とにかくどの曲もゆったり聴けて優しい気持ちになれます。
眠れない時はよくお香を焚いてこのCDを流してましたキラン
私はなぜかあれれが知らぬ間に出てきますが、ぐっすり眠れます寝る

Jia Peng Fang - Silent Moon


Jia Peng Fang - 旅愁



そして最後は

Kamelot 「Karma」(2001年)



アメリカのメタルバンド。
でも音楽性はヨーロッパ的なスタイルで、
叙情性とドラマチックを兼ね備えた素敵なバンドですどきどき

ボーカルの歌う英語は発音が綺麗なのか
非常に聞き取りやすく、歌詞カードを見ても追えない下矢印って事は無いです。
秋の夜長に流したい一枚ですグッド

Kamelot - Forever


Kamelot - Karma



今回はこんな所で・・・逃げろー
といっても誰に需要があるんだこの記事は・・・汗



同じカテゴリー(音楽)の記事画像
「聴き始め」はラルク!
誰得!?CDレビューその10
誰得!?CDレビューその9
誰得!?CDレビューその8
GARY MOOREが亡くなった・・・
誰得!?CDレビューその7
同じカテゴリー(音楽)の記事
 「聴き始め」はラルク! (2012-01-01 09:17)
 誰得!?CDレビューその10 (2011-06-14 19:00)
 誰得!?CDレビューその9 (2011-05-13 08:09)
 誰得!?CDレビューその8 (2011-04-13 08:11)
 GARY MOOREが亡くなった・・・ (2011-02-08 00:02)
 誰得!?CDレビューその7 (2011-01-31 08:07)

Posted by Y's │コメント(2)
この記事へのコメント
こんばんは♪

スウェーデンのバンドが出ましたのでスウェーデンの
Kentと言うバンドのVinterNoll2でしょうかね
冬にはこれです!
このプロモーションビデオ好きなんです♪

秋の夜長はお気に入りの曲聴いてなんていいですね
Posted by ぷ~ぷ~ at 2010年09月05日 23:25
kentと聞くとタバコの銘柄を思い出しますが、
どんな音楽なのか気になりますね・・・。
仕事から帰ったらPV見てみます^^

秋は曲を聴きながら眠るには一番いい季節だと思っています。
Posted by Y'sY's at 2010年09月06日 09:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。