2010年09月30日 08:05

誰得!?CDレビューその3

カテゴリ:音楽
この時期の夜のドライブはいいですね音符
私は窓を開けて心地良い風を浴びるのが好きです。
秋の風の匂いを感じながら車を走らせる。
そんな時に私が流したいCDを今日はご紹介しますピース

Josh Groban 「Closer」(2003年)



アメリカのボーカリストです。
心地良い歌声とドラマティックな楽曲が耳に美味しいにゃん
ポップスからラテン音楽の様な幅広い楽曲で飽きないです。
それにボリュームを絞っても存在感のある音なんです耳

ちなみにこのCDは輸入盤で購入。
当時、CD屋で大々的にプロモーションしてました。
魅力のある歌声なので、一度聴いてみてください。

Josh Groban - You Raise Me Up


Josh Groban - My Confession



次にご紹介するのは

Gary Moore 「Ballads & Blues」(1995年)



彼は"泣き"のギタリストの名手で有名ですキラン
簡単に言うと咽び泣く様にギターを弾くギタリストです。
ギターを弾く人間なら一度は聴いた方がいいと思います。

このアルバムはブルーズとバラードの曲を集めたベスト。
実に美味しいアルバムです。
哀メロが秋の雰囲気にぴったりだと思います紅葉


Gary Moore - still got the blues


Gary Moore - Parisienne Walkways



最後は私の大好きなアーティスト、

Bobby Caldwell 「Bobby Caldwell The Best」(2004年)



AOR界の巨匠!!
しかもハンサムなおじ様。
パーラメントという煙草喫煙の昔流れていたCMや
最近では車車のCMでも流れている、時代を超えて愛されるボーカリストです。

この人は作曲センスも抜群でヒット曲も多く作っています。
死ぬ前に一度、生で歌声を聴いてみたい一人ですハート
代表曲の一つ「Heart of Mine」を初めて聴いた時、ぶっ飛びました。

Bobby Caldwell - Heart Of Mine


Bobby Caldwell - Come To Me



落ち着いた雰囲気の曲ばかりでついつい眠気が・・・寝る
そんな時は窓全開!ダメなら諦めて休憩!
ドライブは安全運転でお願いしますグッド



同じカテゴリー(音楽)の記事画像
「聴き始め」はラルク!
誰得!?CDレビューその10
誰得!?CDレビューその9
誰得!?CDレビューその8
GARY MOOREが亡くなった・・・
誰得!?CDレビューその7
同じカテゴリー(音楽)の記事
 「聴き始め」はラルク! (2012-01-01 09:17)
 誰得!?CDレビューその10 (2011-06-14 19:00)
 誰得!?CDレビューその9 (2011-05-13 08:09)
 誰得!?CDレビューその8 (2011-04-13 08:11)
 GARY MOOREが亡くなった・・・ (2011-02-08 00:02)
 誰得!?CDレビューその7 (2011-01-31 08:07)

Posted by Y's │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。