2010年11月03日 08:11

誰得!?CDレビューその5

カテゴリ:音楽
この、趣味全開な
誰得!?CDレビュー5回目!

ネタに困った時はこれを書こう!

と思い立ち書き始めましたが、
これがなかなか、自分の好きなことを書くのは
意外に時間がかかってしまう事が発覚。(え、遅くね?)


だがしか~し!
拙者は諦めぬ!
いつかこの音楽趣味に反応する仲間と出逢うまで!

というわけで、今回はゴシックで攻めたいと思います。
ゴシックメタル、ゴシックロック、いいですね~。
でもゴシックって比較的曖昧なジャンルになるので、
私が「これはゴシックだな、うん」と感じたものを
適当に挙げていこうと思います。

The Rasmus 「Dead Letters」(2004年)



ロックとゴシックを巧い具合に掛け合わせた名盤。
ゴシック特有の暗さと軽快かつメロディアスでまとめた楽曲
最初聴いた時、「おぉ!」と胸が躍った記憶がありますキラン

捨て曲が皆無、しかもボーナストラックまで楽しめるので
末永くお付き合いできるアルバムかと思います。
それにしても曲作りのセンスいいなぁ。


The Rasmus - In The Shadows


The Rasmus - Guilty



そんで次は、私の愛するゴシックメタル!
いや、ノーサンメランコリックメタルバンド!


SENTENCED 「The Cold White Light」(2002年)



結局、一度も来日を果たさず解散。
しかもメイン作曲者であるギタリストの死去。
自殺について多く歌ったフィンランドのメタルバンドです。

とにかくかっこいい。
美しさと漢(おとこ)臭さを感じます。
学生の頃、このアルバム聴きすぎて死について考えてしまった
少し痛い過去が・・・おーまいがっ

SENTENCED - Cross My Heart And Hope To Die


SENTENCED - No One There



最後はメロディックデスメタルとメランコリック、
そしてゴシックな風味が絶妙にブレンドしたバンド。


Amorphis 「Eclipse」(2006年)



クサいメロディ。
カッコいいギターリフ。
そして漢(おとこ)臭さ撒き散らすフィンランド出身のバンド。

新しいボーカルの歌声がすばらしい!!
ノーマルダンディボイスとデス声を器用に操るその様は
聴いてて惚れ惚れするほど。
あぁ、こんなバンドが日本にもいたらなぁ。

Amorphis Two Moons


Amorphis - House of Sleep



頭がもげるほど首を振りながら
今宵もメタルを聴く私でした。

あ、ご安心ください。
家族はもう呆れてますグッド



同じカテゴリー(音楽)の記事画像
「聴き始め」はラルク!
誰得!?CDレビューその10
誰得!?CDレビューその9
誰得!?CDレビューその8
GARY MOOREが亡くなった・・・
誰得!?CDレビューその7
同じカテゴリー(音楽)の記事
 「聴き始め」はラルク! (2012-01-01 09:17)
 誰得!?CDレビューその10 (2011-06-14 19:00)
 誰得!?CDレビューその9 (2011-05-13 08:09)
 誰得!?CDレビューその8 (2011-04-13 08:11)
 GARY MOOREが亡くなった・・・ (2011-02-08 00:02)
 誰得!?CDレビューその7 (2011-01-31 08:07)

Posted by Y's │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。