2010年12月13日 08:13

誰得!?CDレビューその6

カテゴリ:音楽
衝撃を受けるほどのCDと出逢う事は中々ない下矢印
しかも年齢を重ねればそうなるのは尚更。
でも色んな音楽を聴いてしまっても、
極稀に素敵なCDとの出逢いがあるにっこり

だからCDを買う事が止められない。
そんなわけで今日は、衝撃を受けたCDをご紹介。

まずは、ここ最近の一番の当たりだった、

 「未知標」(2010年)



つい最近出た1stアルバム。
デビューシングル「夢」を聴いた時にもう心は奪われましたハート
そんな彼らがやっとアルバム発売!
どんなに待った事か・・・がびーん

秋田の3ピースバンド。
本当に買ってよかった・・・キラン
勢いとメロディが上手い具合に融合してる。
そしてボーカルの叫びが心地良い。
以下の2曲はPVの雰囲気も大好き。

鴉 - 夢


鴉 - 黒髪ストレンジャー



さて次はメロディアスハードの名盤!
10年前のアルバムなのに色あせない、

▼Millenium 「Hourglass」(2000年)



ボーカルのヨルンランデの歌声は反則。
しかも楽曲のレベルの高さも素晴らしい。
アッパーな曲の中にも聴かせ所を用意していて、
このアルバムの中の鍵盤はいい仕事をし過ぎである上矢印

初めて聴いた時、
息をするのも忘れるくらいの衝撃だった。
そして感動で泣いたがびーん
邦楽では味わえないドラマティックさがある。


Millenium - Power to Love


Millenium - No More Miracles



そして最後は毛色を変えていこう。
プログレとネオクラシカルメタル混ぜたらどうなるの?
それを体現したアルバム。


Symphony X 「V:The New Mythology Suite」(2000年)



ヨルンランデよりも好きな歌声をお持ちの
ラッセルアレンを擁するSymphony Xですが、
このアルバムは前知識なしで買いました汗

ジャケットが怪しさ満々だったので思わず購入。
それもCDならではの楽しみ方。
外れではなく、個人的には大当たりでしたわーい
ゴリゴリ攻めるギターに渋くてカッコいいボーカル音符
曲の展開もドラマティックでとても良い買い物でした。


Symphony X - Prelude-Evolution


Symphony X - Communion and the Oracle



2枚目と3枚目は私が当時、
高校生だった頃に聴いていたアルバムです。
多感の頃にこんな音楽ばかり聴いていました。

そう、10年前、248号線をイヤホン挿しながらニヤニヤしつつ
時たま叫んだり首振りながら自転車を漕いでいたのは私ですピース



同じカテゴリー(音楽)の記事画像
「聴き始め」はラルク!
誰得!?CDレビューその10
誰得!?CDレビューその9
誰得!?CDレビューその8
GARY MOOREが亡くなった・・・
誰得!?CDレビューその7
同じカテゴリー(音楽)の記事
 「聴き始め」はラルク! (2012-01-01 09:17)
 誰得!?CDレビューその10 (2011-06-14 19:00)
 誰得!?CDレビューその9 (2011-05-13 08:09)
 誰得!?CDレビューその8 (2011-04-13 08:11)
 GARY MOOREが亡くなった・・・ (2011-02-08 00:02)
 誰得!?CDレビューその7 (2011-01-31 08:07)

Posted by Y's │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。